Z-Temp Forumより

Pocket

 Zortraxの3Dプリンターを導入した時に、Z-Temp の温度調整器を
購入した縁で、Z-Temp 社の女社長ジュリアさんと友達になり、

ナノダックスの3D PPGW G-Magicをテストして頂いた
感想がZ-Temp 社フォーラムに掲載されています。

Z-Temp Forumより

 

Posted by Julia Truchsess

President of Z-Temp

Topic: Nanodax Glass-Wool-Filled-Polypropylene

It’s not commercially available yet but Nanodax has been kind enough to send me a sample for testing, and I can report some results. I can’t post photos of my prints because the project I’m using it for is confidential, and I can’t print non-confidential stuff right now because my supply is limited and I’m hoarding it 🙂

Coming out of the extruder, this material is extremely weak – it takes nothing to break it apart. But once printed, it’s incredibly strong – it just cannot be torn. Even single- or double-walled structures are very very strong. Nonetheless, raft and support removal are not difficult at all. It is indeed liquid-tight, as shown in the Nanodax

demo video. It’s also temperature-resistant up to 120-130ºC continuous, so you could print yourself a coffee mug, although it’d probably get pretty badly stained. In thin flat layers it’s pretty flexible so you can make living hinges, but more complex shapes get rigid quickly even with just two shells and no infill.

For my first print I used glue stick and shim, as is my wont, and it lifted off the bed horribly. “Uh-oh”, I said – this stuff isn’t going to work. At Nanodax’s urging, however, I thoroughly washed all the glue stick from the bed, scuffed

it with scotchbrite, gave it an acetone wipe to help soften any ABS that might be in the holes, and printed without the shim, using bed heat setting 2. Since then, every print has stuck down perfectly, even to the point of being a bit difficult to scrape off the bed.

I’ve tried extrusion temps from 230-250º and have settled at 240º. Fan speed doesn’t seem critical; I’m using 100% or auto, but I did a couple of prints with no fan and they came out OK too.

I initially had a number of “air print” failures. At first I thought they were due to particulate clogs, so I switched to a 0.5mm nozzle. This seemed to help at first, but then the air prints returned. After further mucking about with extrusion temp to no avail, I measured the filament and found it to be slightly undersized, so I installed a printed

no more air prints. So it would seem this material doesn’t like a lot of retractions. You can get away with some support, especially on small parts, but tall prints with 360º support may be problematic.

I’ve since gone back to a 0.4mm nozzle and it’s printing fine, with better surface finish. Nanodax is aware of the filament diameter issue and will correct it; for the time being I’m leaving in my PCTPE pressure bearing.

All in all, this material is a unique and powerful addition to the filament collection – in some applications (like the one I’m working on now) there’s nothing else I’m aware of that can do the job. Hopefully Nanodax will bring it to the general market soon.

« Last Edit: June 25, 2016, 09:18:19 AM by Julia Truch

 

正式発売はまだですがNANODAXがサンプルフィラメントを送ってくれたのでレポートします。ただし私が作ってみた部品は顧客とのNDAでカバーされているので写真は載せられません。

エキストルーダから出てきた直後は非常に柔らかくて簡単に千切れます。しかし一度積層して冷却されると信じ

られないくらい強くなります。引きちぎる事も難しくなるぐらいです。1重あるいは2重の壁の構造でもとても強い強度があります。にもかかわらずラフトやサポートの除去は容易です。しかもNANODAXのユーチューブビデオにあるように本当に水が漏れません。また耐熱も120-130度なのでコーヒーマグを作っても大丈夫。(コーヒー色が染み込んでかもしれませんが)

薄く平らな層にするとフレキシブルなのでそのままヒンジにすることも可能です。しかし複雑な形状になると2重壁でインフィルなしにしても非常に強固になります。

ZortraxのM200を使用した最初のプリントではいつも使っているグルースティック(棒状の糊)を使用したのですがラフトが完璧に剥がれてしまいました。これはダメだと思ったのですがNANODAXのアドバイスにより糊を洗い落とし、スコッチブライトで残っている樹脂をこそげおとし、アセトンで穴に残っている、以前に使用した

ABSを除去して、ベッド温度を50度に設定することにより、その後のテストでは剥がすのが困難なほど完璧に張り付くようになりました。

エキストルーダーの温度は230-250度を試して240度に決めました。ファンスピードは全く影響を与えないようです。

最初は”エアプリント”(ノズルから樹脂が出てこない状態)が頻繁に起こったので詰まりのせいだと思い0.5mmノズルに変更したのですがまだ起こります。温度を変えても変化なし。そこでフィラメントのサイズを測ってみるとちょっと細いことに気がつきました。そこで送り機構の部分に標準で付いている7x3x3のベアリングを外し、プリンターで作ったちょっと大きめの8x3x3のローラーに付け替えたのですがまだ完璧ではない状態です。

そこでサポートの必要のない方向にCADデザインを変更し試したところ。大当たりです。全く問題は発生しません。思うにこのフィラメントは多くのリトラクションは不得手のようです。小さな部品ですと問題ないのですが、大きな部品ですと長いサポートが必要なため問題になるかもしれません。

ノズルを0.4mmに戻したところ表面もより綺麗なものが問題なくプリントできます。ナノダックスは径の問題を認識しており正式リリースの時には改善されているでしょう。

結論としてこのフィラメントはユニークでとても有力な材料としてマテリアルのリストに名を連ねると思います。 特に私の現在進行中のプロジェクトはこのフィラメント無しでは進みません。早く発売されるよう祈っています。

 

admin-ajaxナノダックスロゴ
カテゴリー: グラスウール・プラスチック パーマリンク

Z-Temp Forumより への1件のフィードバック

  1. bemilbu のコメント:

    ロック画面を解除するには、 ◆ バッテリーを長持ちさせるSurface のバッテリーは内蔵されているリチウムイオン電池が担っている。 同イベントの常連出展社でもあるIntelは,イベントに合わせて開発コードネーム「Broadwell-U」ことノートPC向け第5世代Coreプロセッサを発表しており,それに合わせてPCメーカー各社も,同CPUを搭載する製品を投入してきた。 [url=http://morisanger.com/17713/office2016_1/index.html]office2016 の プロダクト キー[/url]
    (2)「ロンドンで巨大ネズミ発見される」海外の情報ポータルサイト デイリーメールで掲載された巨大ネズミ捕獲の記事がちょっとした話題になっていた。 ま、今日からコツコツ勉強して2007に慣れれば大丈夫でしょ。
    [url=http://www.jimsimmerman.com/17710/windows7_1/index.html]win7 アップグレード[/url] 分解して他の古いパソコンとして生まれ変わって欲しい~。 後は自動的にUSBメモリーにWindows10 Upグレードプログラムがインストールされます。
    [url=http://italian-machazor.com/1777/office2013_1/index.html]office2013 プロダクト キー[/url]
    このように、IT業界の競争が一層激しくなります。 Windows 10 のご予約が成立しました。 [url=http://www.sternenbote-blog.com/1777/windows10_1/index.html]produkey windows 10[/url]
    D. Windows PowerShell コマンド Set-NetLbfoTeam -Name Team1 -TeamingMode Static を実行 します。 次はRAINBOWだ!  経済誌Forbesが毎年恒例のミュージシャン所得番付「世界で最も稼いだミュージシャン」を発表。
    [url=http://aematters.com/17714/office2016_1/index.html]office2016 ソフト[/url] ◆レノボ(Lenovo)ノートPCの魅力と特徴◆レノボは2005年にIBMからのPC事業部を買い取った会社で、以前からビジネスで定評の信頼できるPCで、特に(ノートブックPC)は、ハードディスクの保護機能などを搭載しており、丈夫でセキュリティ対策も万全です。 ・パソコンを起動した時、左下に大きく日付などが表示されている画面は、「ロック画面」です。
    [url=http://elektrostandart.com/17714/win_server_1/index.html]windows server 格安[/url]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です